• バーミヤン&ジョナサン
  • alt2番目
  • 結婚指輪2

    購入する費用は

    婚約指輪の相場は30万円前後と言われています。その費用は安くはないので、結婚を考えるパートナーがいてそろそろ結婚かと考えるようになったら、婚約指輪の為に貯金をしておくと良いでしょう。

  • 花嫁

    人気のデザイン

    どんな商品にも人気のものとそうでないものがあるでしょう。多くのジュエリーショップで販売されている婚約指輪にも、人気のものがあります。多くの人から好かれるデザインには特徴があるのです。

  • 結婚指輪1

    ショップ選びのコツ

    ジュエリーショップでは、多くの指輪を販売しています。その中から一生の記念品となる婚約指輪を探すのは楽ではありません。そういった際、親身に対応する店員は頼りになる存在です。口コミなどで人気のショップを選びましょう。

婚約指輪の意味

外国人の夫婦

婚約指輪がもつ意味とは、その名前の通り、パートナー同士が結婚を約束する為のものです。
その歴史はとても古く、古代エジプトから続き、日本には明治時代にその風習が伝わったとされています。
薬指にはめる意味として、左手の薬指がハートの象徴ともなる心臓と、愛が溢れる静脈で繋がっているという事があります。
パートナーと繋がっている事を示す赤い糸も、そこから来ていると言われています。

結婚指輪と婚約指輪は、それぞれがもつ意味が異なります。
婚約指輪が結婚の約束した事を証明するもので、結婚指輪は夫婦になった事を証明するものです。
どちらも男性から女性に贈るものなので、男性は女性が喜ぶものを探します。
現代では両方購入すると負担が大きくなる為に、結婚指輪のみの購入が一般的になりがちだと言われています。
しかし、しっかりと婚約指輪をパートナーに贈る男性は多くいます。
どちらの指輪も左手の薬指にはめると言われていますが、結婚後は、シンプルなデザインの結婚指輪をはめる事が多いです。

愛の象徴とも言われるダイヤモンドを、婚約指輪にあしらう人はとても多いです。
とても硬いという事から、一生の愛を象徴するものとしてダイヤモンドが最適なのです。
平均的に使用される量として、0.3カラットである事が多いですが、婚約指輪はオーダーメイドをする事も可能なので自分好みに仕上げる人もいるでしょう。
婚約指輪にあしらうダイヤモンドは、量だけではなく、細かくデザインをする事も出来ます。
ダイヤモンドというのは、削り方によって輝き方が違ってくるので、見え方も変わります。
強い輝きを放つ削り方はプロの中でもプロしか行えず、その技術力は相当高い為に、購入する費用も高くなるでしょう。

指輪の交換

身に付ける機会

結婚指輪は日常生活ではめる指輪ですが、婚約指輪は派手なデザインである為に普段はなかなかはめる機会がないものです。一般的には、結婚式やパーティーなどではめている人が多いです。

ハート

大事なお手入れ

手にした時と同じ輝きをいつまでも維持する為には、婚約指輪の日頃のお手入れが最も大事です。金属の素材によってもお手入れ方法が異なるので、購入する際に店員に確認しておくと良いでしょう。

結婚指輪の手

お返しをする

婚約指輪を受け取った女性は、贈ってくれた男性に対してお返しをする必要があります。そのお返しを「半返し」と言い、多く選ばれるものには腕時計やスーツがあります。感謝の気持ちを込めて贈りましょう。